FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


妊娠と婦人科
妊娠と婦人科

妊娠初期から中期の間に風疹にかかってしまうと、胎児奇形が生じることがあるというのは、よく知られています。

また、婦人科での妊娠検査後に、何かの病気にかかっていることがわかった場合、対処の方法がない場合もあります。

そうなると、たとえ妊娠がわかっても、やむなく人工妊娠中絶の処置をとらなければならないこともあります。

そのようなことを避けるために、妊娠する前に、婦人科でチェックを受けることをおすすめします。

最近は、「ブライダルチェック」という検査一式を行っている婦人科も増えてきているようです。

検査項目には、以下のものがあります。

血液検査(一般検査)、超音波エコー検査(子宮筋腫、卵巣脳腫検査)、レントゲン検査(心臓、呼吸器検査)、風疹検査、HIV検査、B型肝炎検査、トキソプラズマ(寄生虫)検査、クラミジア検査です。

スポンサーサイト
【 2006/10/18 14:09 】

| 妊娠する前に婦人科で受けたほうがいい検査 | コメント(0) |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。