FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その5)
しかし既にペットを買っている場合、皮膚科でパッチテストや血液検査などの検査を
行い、ペットで症状が悪化したり、治療の妨げとなるかを調べることもできますの
で、一度検査してみてください。アトピー性皮膚炎の治療において、特に室内の空気
を正常に保つことは大切です。
アトピー性皮膚炎の原因が、食物にある場合もありますが、その場合には治療を行う
うえでは、食事にも注意が必要です。特にアトピー性皮膚炎の直接原因が、食物アレ
ルギーにある場合は、治療以前に注意が必要ですが、食事制限を行うことによって炎
症を抑えることができるわけでもありません。しかし、乳幼児の場合、食物のアレル
ギーがわからないこともあるので、それも検査することが、アトピー性皮膚炎の治療
を行ううえで大切です。
アトピー性皮膚炎の原因はさまざまですが、石鹸やシャンプーなどに原因がある場合
もあるので、治療を行ううえで注意が必要です。無添加の石鹸やシャンプーがありま
すので、アトピー性皮膚炎の治療中はそれらを使用してみてください。また、アト
ピー性皮膚炎患者用に作られた石鹸もありますので、治療にはそちらを試してみるの
もいいでしょう。しかし、無添加石鹸だからと言って、全てのアトピー性皮膚炎の治
療に有効というわけでもなく、個々に合うものを探すことが肝要です。また、頭皮を
含む上半身にかけての症状は、シャンプーやリンス、ボディーソープなどによる接触
性皮膚炎である場合もあるため、製品を替えることで、症状がよくなり治療が進むこ
ともあります。
スポンサーサイト
【 2012/02/06 17:01 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その4)
しかしアトピー性皮膚炎の治療に抗ヒスタミン外用薬を使用し、かゆみを抑えること
は、もちろん炎症を抑えることにもつながります。
アトピー性皮膚炎によって掻きむしった傷がある場合、亜鉛化軟膏を使用することも
あります。
アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を処方する皮膚科の医師もいます。
アトピー性皮膚炎の治療に使用する漢方薬には保険の利くものもあります。しかし、
漢方薬の使用は、炎症を抑えることよりも、体質改善によってアトピー性皮膚炎を根
本から治療することです。なので、アトピー性皮膚炎の治療で漢方薬を服用しても、
すぐに効果が得られないこともあり、長期的な服用が必要なこともあります。また、
漢方薬は人によって効くものと効かないものがあり、アトピー性皮膚炎の治療に使用
するには、自分に合ったものを選ばなければなりません。アトピー性皮膚炎の治療の
漢方薬の服用は、多くが民間治療なので、薬局などによって大きく違いがあります。

アトピー性皮膚炎の治療には、アレルギーの原因となるアレルゲンを取り除くこと
が、根本的に重要です。アトピー性皮膚炎のアレルゲンは様々と言われていますが、
そのひとつには、ダニなどからくるハウスダストがありますので、それを取り除くこ
と、例えば空気清浄機をおくことが、治療にもつながります。アトピー性皮膚炎の原
因がハウスダストなどの環境の場合、重度の方は、空気のきれいな地方で療養される
方もいます。アトピー性皮膚炎のアレルゲンはペットについているダニなどの可能性
もありますので、治療中の方は基本的にペットを買わないほうが無難です。
【 2012/02/06 17:01 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その3)
アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、特に顔面や頸部において効果が
高いとされています。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、妊娠して
いる方には使用禁止で、また授乳中にも使用できないので注意が必要です。アトピー
性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、副作用として、にきびが増えることがあ
ります。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、使用開始初期に刺激感
や火照りを感じる人もいますが、使用するうちに治まります。
アトピー性皮膚炎の症状は、皮膚が乾燥した状態になることが多いのが特徴ですが、
そのことによりかゆみが生じ、さらにそこからアレルゲンが進入するので、スキンケ
アも根本的な治療として重要です。
アトピー性皮膚炎の症状がスキンケアによって改善することもあるので、ワセリンな
どの保湿剤を治療の一環として使用することも大切です。肌の清潔と保湿は、アト
ピー性皮膚炎治療の基本です。アトピー性皮膚炎しかし、敏感肌の方などがアトピー
性皮膚炎の治療に保湿剤を使と、かぶれたりすることもあるので、注意が必要です。
アトピー性皮膚炎でかゆみが生じ、掻いてしまうのは仕方のないことでもあるので、
爪は短く、清潔に保つようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤を使うことは、副作用のリスクもあるので、
非ステロイド系の外用薬も開発されています。
アトピー性皮膚炎の治療に、抗ヒスタミン外用薬を使用することもありますが、かゆ
みは抑えられますが、炎症を抑える効果は低いとされています。
【 2012/02/06 17:00 】

| 乳児 子供 病気 |


| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。