FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


妊娠悪阻:妊娠中の女性の病気
妊娠中におこる女性の病気の一つに、「妊娠悪阻」があります。

妊娠悪阻とは、妊娠中におこるつわりの症状が悪化したもので、日常生活に支障がでる恐れがあるつわりを妊娠悪阻と呼びます。

妊娠中のつわりは病気とは呼べませんが、妊娠悪阻までになると、女性の病気といえます。

女性の病気の妊娠悪阻の判断は、「水分さえもまったく受け付けることができない」、「一日に5回以上吐いてしまう」、「体重が体重の10%近く減ってしまう」などがあります。

これらに当てはまるようでしたら、早急に病院で診断してもらいましょう。

妊娠悪阻は「たんなるつわりの悪化したもの」と軽視しては危険です。

病状が重くなってしまうと、脳の神経障害まででてしまう女性の病気になります。

点滴等で、楽になりますので早めに相談しましょう。

スポンサーサイト
【 2012/02/20 10:51 】

| 妊娠中の女性の病気 |


静脈瘤:妊娠中の女性の病気
妊娠中におこる女性の病気の一つに「静脈瘤」という病気があります。

妊娠後期に起こりやすい女性の病気で、膝の裏側や太ももの内側、足の付け根などの下半身の静脈に、ふくらみやこぶができることを静脈瘤と呼びます。

妊娠後期になるにつれ大きくなったお腹が、下半身の静脈を圧迫し、血管が大きくなってしまうのが原因のようです。

しかし、お産が終わると、血管を圧迫するものがなくなり、自然に治る女性の病気ですので、あまり気にする必要はないようです。

体重増加に気をつけ、長い間同じ体勢をするのを避けたり、便秘や体を冷やさないことで、静脈瘤は予防・改善ができますので、試してみて下さい。

出産後半年たっても、改善されない場合は、病院で受診されたほうが安心です。

※あくまで一般論ということなので、心配な方は診察を受けることをお勧めします。
【 2012/02/20 10:49 】

| 妊娠中の女性の病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。