FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


子宮に関する病気
30歳に近くなったり、30歳を超えると子宮の病気って怖いですよね。

これは一般的によく知られているチェックです。

1.おなかが張る
2.貧血、疲れやすい
3.レバー状のかたまりがある
4.生理周期が短い
5.不正出血がある
6.排便時に痛みがある
7.生理痛がひどい
8.トイレが近い
9.性交時に痛みがある
10.生理のときの出血量が多い
さて、どうでしょうか。
完璧なチェックはできませんが、一応目安を書いておきます。

もし、いくつもこころあたりがあるなら、
子宮筋腫か子宮内膜症のおそれがあります。

なにごとも早期発見が肝心です。
でも、たしかに行きづらいですよね。婦人科は・・・。


できれば女医さんがいる婦人科に行きたいですよね。
まず、
>>>>>婦人科を探す
どうですか?
もしなかったら、女医 婦人科で検索してみてください。
(このままクリックしていただければオッケーです)
スポンサーサイト
【 2006/04/28 01:31 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |


基礎体温を測りましょう


みなさん、基礎体温ってきちんと測ってますか?

言葉は知っていても、意外と正しいやり方って分からないですよね。
けど、基礎体温をきちんと測定できれば妊娠しやすい日や、すでに妊娠しているかなど(100%ではないですが)分かるんです。

それでは測り方や基礎体温について一緒に見ていきましょう。

■生理のくる日を予測する

基礎体温をつけていると、個人差はありますが、2週間くらい体温が高い時期が続きます。

これは、排卵後に起こる現象で、この後、体温が下がり始めると生理がきます。

しかし、この2週間の高温期がずっと高いままになるとそれは妊娠の兆候の可能性が高いです。

■基礎体温を測る

それではいざ実践となると、多くの人が続きません。
それは、あまりにも一日ごとの変化に敏感すぎるのです。

体温は生理とは関係なく、一日の中でも、また精神的なものでも変化します。

ですから、日々の変化ではなく”大まかに”見るようにしましょう。

そして、測定は朝に測るようにしましょう。
その名の通り、「基礎」の体温です。

カラダが最低限の活動しかしていないときの体温を測るには朝しかありませんね。

最近は基礎体温専用の体温計など充実しています。
電子体温計けんおんくん MC-672L[MC672L]【J:4975479425219-3-447】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】 30秒で測れるので本当に時間はとりません。
まぁ、安かったのが一番の理由ですが。

まずは、簡単な気持ちでまず実行。
やっていくうちに改善していけばいいですね。

テーマ:++ベビーサイン++ - ジャンル:育児

【 2006/04/20 00:03 】

| 赤ちゃんが欲しい | コメント(0) |


産後ダイエットの詳細

産後ダイエットの詳細は・・・

こんな方はオススメです!

・妊娠中、体重の管理がうまくいかず、太りすぎた!
・産後太りが戻らない!
・下っ腹がでている・・・

これだけはありません。

・足や二の腕の太さが気になる
・妊娠前の服のサイズが合わない
・出産後、体力の衰えを感じる




産後ダイエットについてはこんなレポートがあります。 もちろん無料です。
これだけのことでも充分効果がでますね。
「究極の<産後ダイエット>成功法則」
【 2006/04/06 00:56 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |


産後ダイエット
■え?産後のダイエットは成功しやすいってホント?

出産すると、カラダのラインが崩れてしまいますよね。
一度ゆるむとゆるみっぱなし。

けど、キチンとケアしてあげれば、こんなにいいチャンスはないんです!


▽普通のダイエットよりやせやすい!

私たちが日常生活をしているときの脂肪は「ラード」をイメージしていただければ分かりやすいと思います。

かなりの運動をしないと、血液に溶けて燃焼されません。

一方、妊娠中についた脂肪というのは、水分をたっぷりと含んでいて「サラダ油」のように流動性があるのです。

ですから、普通の生活でダイエットするよりもよっぽど簡単に落としやすい脂肪になっているのです。

ですから、産後のダイエットは【原則】を守れば、妊娠前はダイエットうまくいかなかった女性でもうまくいくのです。

これは理想の体重に近づくチャンスですね。

続きを読む
【 2006/04/06 00:49 】

| 未分類 | トラックバック(0) |


妊娠の経過

■妊娠の経過
受精卵は、妊娠7週6日までは「胎芽」、8週以降は「胎児」と呼ばれます。
胎児の諸器官の原型は妊娠初期にほとんどが形成され、諸器官は妊娠中期に著しく成長し、22週頃には早産してもNICU(新生児集中治療室)の保育器内で生存できる場合がある。36週以前、または2500g以下で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1500グラム以下の場合は超未熟児、1000g以下の場合は極小未熟児と呼ばれる。

妊娠初期(~満12週ころ)には、母体の外観は妊娠前とほとんど変わりませんが、妊娠に伴い、ホルモン分泌が変わるなどのため、様々な変調が起きます。例えば、 つわり、嗜好の変化、眠気、頻尿、便秘 などの肉体的なもの、また精神的にも不安定になり、周囲の人に当り散らしてしまうこともあります。

また、この時期は胎児諸器官の形成の大事な時期です。
喫煙や飲酒、過度のストレス、そして特定の薬や風疹などのウィルス、エックス線などには注意を払いましょう。
奇形児になる恐れや流産の恐れがあります。


(一部「ウィキペディア」より引用)
続きを読む
【 2006/04/06 00:02 】

| 未分類 | コメント(0) |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。