FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


妊娠中の女性の病気:妊娠悪阻
妊娠中におこる女性の病気の一つに、「妊娠悪阻」があります。

妊娠悪阻とは、妊娠中におこるつわりの症状が悪化したもので、
日常生活に支障がでる恐れがあるつわりを妊娠悪阻と呼びます。

妊娠中のつわりは病気とは呼べませんが、妊娠悪阻までになると、女性の病気といえます。

女性の病気の妊娠悪阻の判断は、「水分さえもまったく受け付けることができない」、「一日に5回以上吐いてしまう」、「体重が体重の10%近く減ってしまう」などがあります。

これらに当てはまるようでしたら、早急に病院で診断してもらいましょう。

妊娠悪阻は「たんなるつわりの悪化したもの」と軽視しては危険です。
病状が重くなってしまうと、脳の神経障害まででてしまう女性の病気になります。

点滴等で、楽になりますので早めに相談しましょう。
スポンサーサイト
【 2006/12/23 02:57 】

| 妊娠 女性の病気 |


妊娠中の女性の病気:妊娠腺
妊娠中におこる女性の病気の一つに、「妊娠腺」があります。

妊娠腺とは、お腹が目だって大きくなる時期に、お腹や胸、
太ももやおしりなどに、赤いミミズ腫れのような線が出来てしまう女性の病気になります。

原因は妊娠により、急激にお腹の皮膚が伸ばされ、皮膚が割れてしまったものが、妊娠している女性の病気、妊娠腺になります。
しかし、妊娠腺は女性だけでなく、男の人の場合でも急激に太ったりすると、同じような病状が出ることもあるようです。
妊娠腺は女性によって、出る出ないの個人差がありますが、妊娠腺がでていない時期から、お風呂あがりなどにマッサージクリームを塗りこむことで、多少防げるようです。

出産後には、妊娠腺は薄くなり目立たなくなるので、あまり気にしないようにしましょう。

【 2006/12/21 02:56 】

| 妊娠 女性の病気 |


妊娠中の女性の病気:静脈瘤
妊娠中におこる女性の病気の一つに「静脈瘤」という病気があります。

妊娠後期に起こりやすい女性の病気で、膝の裏側や太ももの内側、
足の付け根などの下半身の静脈に、ふくらみやこぶができることを静脈瘤と呼びます。

妊娠後期になるにつれ大きくなったお腹が、下半身の静脈を圧迫し、
血管が大きくなってしまうのが原因のようです。

しかし、お産が終わると、血管を圧迫するものがなくなり、自然に治る女性の病気ですので、あまり気にする必要はないようです。

体重増加に気をつけ、長い間同じ体勢をするのを避けたり、
便秘や体を冷やさないことで、静脈瘤は予防・改善ができますので、試してみて下さい。

出産後半年たっても、改善されない場合は、病院で受診されたほうが安心です。
【 2006/12/21 02:55 】

| 妊娠と自律神経失調症 |


乳児・子供の病気:熱性けいれん
乳児・子供の病気の一つに、熱そのものが原因となっておこる「熱性けいれん」という病気があります。

熱性けいれんは、38度以上の発熱があるときに起こりやすい病気で、発症すると全身を突っ張らせながら手足後がくがく震わせ、白目になったり、唇が紫になってしまいます。

熱性けいれんが起こりやすいのは、1歳から4歳ぐらいまでの乳児や子供で成長するにつれ発病しにくくなります。

熱性けいれんを発症した場合は、乳児や子供の吐物が気管に詰まるのを防止するため、顔を横向きに向かせ、衣類をゆるめてあげてください。
熱がないのにけいれんを起こしたり、4歳以上の子供が熱性けいれんをおこしたり、一日に何度もけいれんする場合は、病院にいき必ず診断をうけてください。

熱性けいれんの場合でも、いつものことだからとほっとかずに受診したほうが安心です。
【 2006/12/18 02:59 】

| 乳児 病気 |


女性の病気と妊娠
女性は、赤ちゃんを産むという大切な役割があるため、
男性と生殖器系が機能からみても、形状からみても大きく違います。

そのため、女性特有の病気は、生殖器系がからんだ病気が多いようです。

そのため、女性の病気の多くは、妊娠と大きな繋がりがある場合が多くなってしまいます。

妊娠し出産するという機能が障害される、不妊症や、妊娠には必要な月経がこなくなってしまうなどの、月経に関する病気などが妊娠を障害する病気になります。

また、妊娠している時期だけおこる、女性の病気も多数あります。
女性の体は、赤ちゃんを産めるように作られているのですが、
妊娠することは女性の体に大きな負担がかかるといっても過言ではないようです。

これらの女性の病気を知ることで、ある程度予防することも可能になりますので、知識を得ておきましょう。
【 2006/12/18 02:54 】

| 女性の病気 |


子供の病気:特徴
子供の病気は、大人が病気をする場合と違う場合が結構あります。
子供の病気の特徴を知ることで、病気の早期発見に繋がりますので特徴を知っておいた方がよいでしょう。


まず、子供の病気は病気が急に発症することが多く、容態も急変しやすい特徴があります。

また、子供は自分の体の異変を大人のように伝えれず、ママが気づきにくい事があります。

日頃との違いが分かるように、毎日の行動やしぐさを把握しておきましょう。


また子供の病気は、感染症が多いのも特徴です。
子供の時期に感染症に掛かることによって、免疫力をつけるため必要だからです。

また子供にしかかからない病気や、大人と同じ病気にもかかるので、大人に比べて掛かる病気の種類が多いのも特徴です。
【 2006/12/18 02:50 】

| 乳児 病気 |


乳児の病気:鼻づまり
乳児が生後1ヶ月から2ヶ月の頃に、熱がないのに鼻を詰まらせていたり、寝苦しそうにスンスンいわせてる乳児の鼻づまりを発症する場合があります。


乳児は大人と比べて、鼻の穴が小さい上に粘膜が敏感ですので、気温が変わりやすい時期などのちょっとした刺激を受けると鼻水がでてしまう病気です。


鼻づまりの病気になりますと、乳児の呼吸もままなりませんし、哺乳もしづらくなりますので、お家で対処してあげる必要があります。


家の中が乾燥していると、粘膜も乾燥してしまいますので加湿器やぬれたタオルなどを干し、室内の湿度をあげてあげましょう。


お風呂に入れてあげたり、蒸したタオルを鼻の上にちょんちょんとあてるだけでも、効果があります。


鼻のお掃除も出来るようならしてあげましょう。
鼻づまりの病気が酷いようなら、病院で受診されたほうが安心です。

【 2006/12/18 02:47 】

| 乳児 病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。