FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


妊娠悪阻:妊娠中の女性の病気
妊娠中におこる女性の病気の一つに、「妊娠悪阻」があります。

妊娠悪阻とは、妊娠中におこるつわりの症状が悪化したもので、日常生活に支障がでる恐れがあるつわりを妊娠悪阻と呼びます。

妊娠中のつわりは病気とは呼べませんが、妊娠悪阻までになると、女性の病気といえます。

女性の病気の妊娠悪阻の判断は、「水分さえもまったく受け付けることができない」、「一日に5回以上吐いてしまう」、「体重が体重の10%近く減ってしまう」などがあります。

これらに当てはまるようでしたら、早急に病院で診断してもらいましょう。

妊娠悪阻は「たんなるつわりの悪化したもの」と軽視しては危険です。

病状が重くなってしまうと、脳の神経障害まででてしまう女性の病気になります。

点滴等で、楽になりますので早めに相談しましょう。

スポンサーサイト
【 2012/02/20 10:51 】

| 妊娠中の女性の病気 |


静脈瘤:妊娠中の女性の病気
妊娠中におこる女性の病気の一つに「静脈瘤」という病気があります。

妊娠後期に起こりやすい女性の病気で、膝の裏側や太ももの内側、足の付け根などの下半身の静脈に、ふくらみやこぶができることを静脈瘤と呼びます。

妊娠後期になるにつれ大きくなったお腹が、下半身の静脈を圧迫し、血管が大きくなってしまうのが原因のようです。

しかし、お産が終わると、血管を圧迫するものがなくなり、自然に治る女性の病気ですので、あまり気にする必要はないようです。

体重増加に気をつけ、長い間同じ体勢をするのを避けたり、便秘や体を冷やさないことで、静脈瘤は予防・改善ができますので、試してみて下さい。

出産後半年たっても、改善されない場合は、病院で受診されたほうが安心です。

※あくまで一般論ということなので、心配な方は診察を受けることをお勧めします。
【 2012/02/20 10:49 】

| 妊娠中の女性の病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その5)
しかし既にペットを買っている場合、皮膚科でパッチテストや血液検査などの検査を
行い、ペットで症状が悪化したり、治療の妨げとなるかを調べることもできますの
で、一度検査してみてください。アトピー性皮膚炎の治療において、特に室内の空気
を正常に保つことは大切です。
アトピー性皮膚炎の原因が、食物にある場合もありますが、その場合には治療を行う
うえでは、食事にも注意が必要です。特にアトピー性皮膚炎の直接原因が、食物アレ
ルギーにある場合は、治療以前に注意が必要ですが、食事制限を行うことによって炎
症を抑えることができるわけでもありません。しかし、乳幼児の場合、食物のアレル
ギーがわからないこともあるので、それも検査することが、アトピー性皮膚炎の治療
を行ううえで大切です。
アトピー性皮膚炎の原因はさまざまですが、石鹸やシャンプーなどに原因がある場合
もあるので、治療を行ううえで注意が必要です。無添加の石鹸やシャンプーがありま
すので、アトピー性皮膚炎の治療中はそれらを使用してみてください。また、アト
ピー性皮膚炎患者用に作られた石鹸もありますので、治療にはそちらを試してみるの
もいいでしょう。しかし、無添加石鹸だからと言って、全てのアトピー性皮膚炎の治
療に有効というわけでもなく、個々に合うものを探すことが肝要です。また、頭皮を
含む上半身にかけての症状は、シャンプーやリンス、ボディーソープなどによる接触
性皮膚炎である場合もあるため、製品を替えることで、症状がよくなり治療が進むこ
ともあります。
【 2012/02/06 17:01 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その4)
しかしアトピー性皮膚炎の治療に抗ヒスタミン外用薬を使用し、かゆみを抑えること
は、もちろん炎症を抑えることにもつながります。
アトピー性皮膚炎によって掻きむしった傷がある場合、亜鉛化軟膏を使用することも
あります。
アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を処方する皮膚科の医師もいます。
アトピー性皮膚炎の治療に使用する漢方薬には保険の利くものもあります。しかし、
漢方薬の使用は、炎症を抑えることよりも、体質改善によってアトピー性皮膚炎を根
本から治療することです。なので、アトピー性皮膚炎の治療で漢方薬を服用しても、
すぐに効果が得られないこともあり、長期的な服用が必要なこともあります。また、
漢方薬は人によって効くものと効かないものがあり、アトピー性皮膚炎の治療に使用
するには、自分に合ったものを選ばなければなりません。アトピー性皮膚炎の治療の
漢方薬の服用は、多くが民間治療なので、薬局などによって大きく違いがあります。

アトピー性皮膚炎の治療には、アレルギーの原因となるアレルゲンを取り除くこと
が、根本的に重要です。アトピー性皮膚炎のアレルゲンは様々と言われていますが、
そのひとつには、ダニなどからくるハウスダストがありますので、それを取り除くこ
と、例えば空気清浄機をおくことが、治療にもつながります。アトピー性皮膚炎の原
因がハウスダストなどの環境の場合、重度の方は、空気のきれいな地方で療養される
方もいます。アトピー性皮膚炎のアレルゲンはペットについているダニなどの可能性
もありますので、治療中の方は基本的にペットを買わないほうが無難です。
【 2012/02/06 17:01 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その3)
アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、特に顔面や頸部において効果が
高いとされています。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、妊娠して
いる方には使用禁止で、また授乳中にも使用できないので注意が必要です。アトピー
性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、副作用として、にきびが増えることがあ
ります。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、使用開始初期に刺激感
や火照りを感じる人もいますが、使用するうちに治まります。
アトピー性皮膚炎の症状は、皮膚が乾燥した状態になることが多いのが特徴ですが、
そのことによりかゆみが生じ、さらにそこからアレルゲンが進入するので、スキンケ
アも根本的な治療として重要です。
アトピー性皮膚炎の症状がスキンケアによって改善することもあるので、ワセリンな
どの保湿剤を治療の一環として使用することも大切です。肌の清潔と保湿は、アト
ピー性皮膚炎治療の基本です。アトピー性皮膚炎しかし、敏感肌の方などがアトピー
性皮膚炎の治療に保湿剤を使と、かぶれたりすることもあるので、注意が必要です。
アトピー性皮膚炎でかゆみが生じ、掻いてしまうのは仕方のないことでもあるので、
爪は短く、清潔に保つようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤を使うことは、副作用のリスクもあるので、
非ステロイド系の外用薬も開発されています。
アトピー性皮膚炎の治療に、抗ヒスタミン外用薬を使用することもありますが、かゆ
みは抑えられますが、炎症を抑える効果は低いとされています。
【 2012/02/06 17:00 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その2)
アトピー性皮膚炎にはどのような治療が有効なのでしょうか。
アトピー性皮膚炎は、原因が完全に解明されておらず、また直接生命にかかわる症状
になることも少ないので、医師や専門家の間でも治療方法や考え方が違うようです。

アトピー性皮膚炎治療に最も一般的に使用されているのが、ステロイドで、内服薬も
ありますが、多くは外用剤です。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、副腎皮質ホルモンにより過剰に
なっているアレルギー反応を抑制し、症状を和らげる効果があります。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、もっとも効果が高いとされるポ
ピュラーな薬剤ですが、また多くのものが、副作用があるとされています。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイド外用剤の副作用は、長期の使用により
生じることがあり、皮膚感染症の誘発、皮膚萎縮、毛細血管拡張などが挙げられま
す。こういった副作用が多いので、長期にわたってアトピー性皮膚炎に悩まされてい
る方は、治療にステロイドを使うことに抵抗があることも多いようです。しかし、そ
んな弱みに付け込んだ、アトピー性皮膚炎ビジネスという言葉もあり、それは、多く
が科学的根拠がないものが、さもアトピー性皮膚炎の治療に有効のように誇張し、ア
トピー性皮膚炎患者から大金をせしめるようなビジネスです。
また、ステロイド外用剤と並んで一般的なのがプロトピックという塗り薬で、タクロ
リムスという免疫抑制剤を外用剤として製剤したものです。
【 2012/02/06 16:59 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【脱ステロイド】
「脱ステロイド」とは、ステロイド外用剤を使用せずにアトピー性皮膚炎の治療を行
い、症状をコントロールする方法のことです。ステロイド外用剤は非常有効とされる
薬剤ですが、特に重症例では正しく医師の指導の下に使用していても十分に症状を抑
えられないことや、長期使用における副作用があるので、長期のアトピー性皮膚炎の
治療には脱ステロイドが大切になってきます。アトピー性皮膚炎の治療における脱ス
テロイドは、副作用から脱却し、ほかの治療法を模索するといった過程で行われるこ
とがあり、十分有効であるとされています。しかし、脱ステロイドこそがアレルギー
の治療でステロイドへの恐怖を煽ることがアレルギービジネスの売りでもあります。
アトピー性皮膚炎ビジネスやマスコミによるステロイド剤の恐怖などの誇張した宣伝
の結果、治療が難航している患者が自己判断で脱ステロイドを行い、症状が悪化する
ということもあります。ステロイド剤が、多くアトピー性皮膚炎の治療で有効性が高
いので、脱ステロイドを行うことは、医師との相談が大切です。脱ステロイド以外で
も、アトピー性皮膚炎の治療は、自己判断よりも、何事も意思に相談しましょう。
アトピー性皮膚炎の治療中のアルコールの摂取は、体温の上昇により、かゆみを増す
ことが多いので、注意が必要です。また、アトピー性皮膚炎の治療中の刺激物や冷た
いものを多く摂らないことを勧める医師もいます。
また、アトピー性皮膚炎の治療中の喫煙も、直接的な原因は報告されていませんが、
煙が肌につくことによる症状の悪化が考えられますので、非喫煙者でも、副流煙には
注意が必要です。
【 2012/02/06 16:58 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎【スキンケア】
アトピー性皮膚炎の治療にはスキンケアが基本ですが、入浴はその最たるものです。

アトピー性皮膚炎の治療の最適な入浴方法は、炎症部位を水中に浸けておくことや、
長い時間水に浸かっていることです。

アトピー性皮膚炎の治療中の風呂は、水道水よりも、塩素の含まれていない井戸水などで沸かしたほうがよいようです。

アトピー性
皮膚炎の治療の風呂を水道水で沸かす場合、塩素は炎症部分に悪影響を及ぼすことが
多いので、できるだけ除去するようにしましょう。

また、アトピー性皮膚炎の治療に
効能がある温泉もあります。しかし、アトピー性皮膚炎の治療の長時間の入浴は、皮
膚がふやけて炎症部分にアレルゲンが進入することもあるので、注意しましょう。
アトピー性皮膚炎の治療には、海水浴や、塩浴療法もありますが、これは浸透圧によ
り、老廃物を排出するという理論です。
アトピー性皮膚炎の治療は、ほかの病気に対する民間療法の、リラックスを司る副交
感神経を緊張させることを重視する場合が多いが、アトピー性皮膚炎では逆に副交感
神経が過剰活性化していて、そのほうがかゆみを増します。
アトピー性皮膚炎の治療に、針治療を行う方もいますが、こちらは交感神経を緊張さ
せる効果があります。しかし、アトピー性皮膚炎の針治療は、まだまだマイナーでも
あり、また、長期間の治療が必要のようです。アトピー性皮膚炎の針治療は、東洋医
学に属し、東洋医学では体質改善を目的とした治療が主なので、時間がかかるようで
す。
【 2012/02/06 16:56 】

| 乳児 子供 病気 |


アトピー性皮膚炎の治療法
アトピー性皮膚炎にはどのような治療が有効なのでしょうか。
アトピー性皮膚炎は、原因が完全に解明されておらず、また直接生命にかかわる症状
になることも少ないので、医師や専門家の間でも治療方法や考え方が違うようです。

アトピー性皮膚炎治療に最も一般的に使用されているのが、ステロイドで、内服薬も
ありますが、多くは外用剤です。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、副腎皮質ホルモンにより過剰に
なっているアレルギー反応を抑制し、症状を和らげる効果があります。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、もっとも効果が高いとされるポ
ピュラーな薬剤ですが、また多くのものが、副作用があるとされています。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイド外用剤の副作用は、長期の使用により
生じることがあり、皮膚感染症の誘発、皮膚萎縮、毛細血管拡張などが挙げられま
す。こういった副作用が多いので、長期にわたってアトピー性皮膚炎に悩まされてい
る方は、治療にステロイドを使うことに抵抗があることも多いようです。しかし、そ
んな弱みに付け込んだ、アトピー性皮膚炎ビジネスという言葉もあり、それは、多く
が科学的根拠がないものが、さもアトピー性皮膚炎の治療に有効のように誇張し、ア
トピー性皮膚炎患者から大金をせしめるようなビジネスです。
また、ステロイド外用剤と並んで一般的なのがプロトピックという塗り薬で、タクロ
リムスという免疫抑制剤を外用剤として製剤したものです。

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

【 2012/02/06 16:53 】

| 乳児 子供 病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。