FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


妊娠の経過

■妊娠の経過
受精卵は、妊娠7週6日までは「胎芽」、8週以降は「胎児」と呼ばれます。
胎児の諸器官の原型は妊娠初期にほとんどが形成され、諸器官は妊娠中期に著しく成長し、22週頃には早産してもNICU(新生児集中治療室)の保育器内で生存できる場合がある。36週以前、または2500g以下で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1500グラム以下の場合は超未熟児、1000g以下の場合は極小未熟児と呼ばれる。

妊娠初期(~満12週ころ)には、母体の外観は妊娠前とほとんど変わりませんが、妊娠に伴い、ホルモン分泌が変わるなどのため、様々な変調が起きます。例えば、 つわり、嗜好の変化、眠気、頻尿、便秘 などの肉体的なもの、また精神的にも不安定になり、周囲の人に当り散らしてしまうこともあります。

また、この時期は胎児諸器官の形成の大事な時期です。
喫煙や飲酒、過度のストレス、そして特定の薬や風疹などのウィルス、エックス線などには注意を払いましょう。
奇形児になる恐れや流産の恐れがあります。


(一部「ウィキペディア」より引用)
【 2006/04/06 00:02 】

| 未分類 | コメント(0) |


<<産後ダイエット | ホーム | 妊娠で太るメカニズム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。