FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その2)
アトピー性皮膚炎にはどのような治療が有効なのでしょうか。
アトピー性皮膚炎は、原因が完全に解明されておらず、また直接生命にかかわる症状
になることも少ないので、医師や専門家の間でも治療方法や考え方が違うようです。

アトピー性皮膚炎治療に最も一般的に使用されているのが、ステロイドで、内服薬も
ありますが、多くは外用剤です。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、副腎皮質ホルモンにより過剰に
なっているアレルギー反応を抑制し、症状を和らげる効果があります。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイドは、もっとも効果が高いとされるポ
ピュラーな薬剤ですが、また多くのものが、副作用があるとされています。
アトピー性皮膚炎治療に使用されるステロイド外用剤の副作用は、長期の使用により
生じることがあり、皮膚感染症の誘発、皮膚萎縮、毛細血管拡張などが挙げられま
す。こういった副作用が多いので、長期にわたってアトピー性皮膚炎に悩まされてい
る方は、治療にステロイドを使うことに抵抗があることも多いようです。しかし、そ
んな弱みに付け込んだ、アトピー性皮膚炎ビジネスという言葉もあり、それは、多く
が科学的根拠がないものが、さもアトピー性皮膚炎の治療に有効のように誇張し、ア
トピー性皮膚炎患者から大金をせしめるようなビジネスです。
また、ステロイド外用剤と並んで一般的なのがプロトピックという塗り薬で、タクロ
リムスという免疫抑制剤を外用剤として製剤したものです。
【 2012/02/06 16:59 】

| 乳児 子供 病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。