FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その3)
アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、特に顔面や頸部において効果が
高いとされています。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、妊娠して
いる方には使用禁止で、また授乳中にも使用できないので注意が必要です。アトピー
性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、副作用として、にきびが増えることがあ
ります。アトピー性皮膚炎治療に使用されるプロトピックは、使用開始初期に刺激感
や火照りを感じる人もいますが、使用するうちに治まります。
アトピー性皮膚炎の症状は、皮膚が乾燥した状態になることが多いのが特徴ですが、
そのことによりかゆみが生じ、さらにそこからアレルゲンが進入するので、スキンケ
アも根本的な治療として重要です。
アトピー性皮膚炎の症状がスキンケアによって改善することもあるので、ワセリンな
どの保湿剤を治療の一環として使用することも大切です。肌の清潔と保湿は、アト
ピー性皮膚炎治療の基本です。アトピー性皮膚炎しかし、敏感肌の方などがアトピー
性皮膚炎の治療に保湿剤を使と、かぶれたりすることもあるので、注意が必要です。
アトピー性皮膚炎でかゆみが生じ、掻いてしまうのは仕方のないことでもあるので、
爪は短く、清潔に保つようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤を使うことは、副作用のリスクもあるので、
非ステロイド系の外用薬も開発されています。
アトピー性皮膚炎の治療に、抗ヒスタミン外用薬を使用することもありますが、かゆ
みは抑えられますが、炎症を抑える効果は低いとされています。
【 2012/02/06 17:00 】

| 乳児 子供 病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。