FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


アトピー性皮膚炎【治療法】(その4)
しかしアトピー性皮膚炎の治療に抗ヒスタミン外用薬を使用し、かゆみを抑えること
は、もちろん炎症を抑えることにもつながります。
アトピー性皮膚炎によって掻きむしった傷がある場合、亜鉛化軟膏を使用することも
あります。
アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を処方する皮膚科の医師もいます。
アトピー性皮膚炎の治療に使用する漢方薬には保険の利くものもあります。しかし、
漢方薬の使用は、炎症を抑えることよりも、体質改善によってアトピー性皮膚炎を根
本から治療することです。なので、アトピー性皮膚炎の治療で漢方薬を服用しても、
すぐに効果が得られないこともあり、長期的な服用が必要なこともあります。また、
漢方薬は人によって効くものと効かないものがあり、アトピー性皮膚炎の治療に使用
するには、自分に合ったものを選ばなければなりません。アトピー性皮膚炎の治療の
漢方薬の服用は、多くが民間治療なので、薬局などによって大きく違いがあります。

アトピー性皮膚炎の治療には、アレルギーの原因となるアレルゲンを取り除くこと
が、根本的に重要です。アトピー性皮膚炎のアレルゲンは様々と言われていますが、
そのひとつには、ダニなどからくるハウスダストがありますので、それを取り除くこ
と、例えば空気清浄機をおくことが、治療にもつながります。アトピー性皮膚炎の原
因がハウスダストなどの環境の場合、重度の方は、空気のきれいな地方で療養される
方もいます。アトピー性皮膚炎のアレルゲンはペットについているダニなどの可能性
もありますので、治療中の方は基本的にペットを買わないほうが無難です。
【 2012/02/06 17:01 】

| 乳児 子供 病気 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。